2017年産りんごを振り返って

 2017年は、黒星病、うどんこ病との闘いから始まりました!


私は特別栽培農産物という、減農薬栽培をしてますが、一番気を付けているのが


果実の外観を著しく損なう、黒星病とすす病です。当園は主に標高120mほどの


位置しているため雪解けも遅く、これまで大きな病害はありませんでしたが、近


年は温暖化のためか雪解けが早く、それに伴い病原菌の動き出しも早く、慣行の


防除でも手を焼いている地域もあります。来年は黒星を止められるか、正念場に


なりそうです。


 そして全体的に小玉傾向の年となりました。王林という品種に限っては平年よ


りも大きめでしたが、主力品種サンふじなどが小さめでした。極端に乾燥してい


る場合は堰からポンプで潅水も行ったりしますが、樹自体が水を引張り上げられ


るように、樹勢強めの選定を心がけたいと思います。


 最後に台風18号による落下。平成3年にりんごに大被害をもたらした、台風19


号に進路が似ていて、どうなることかと不安でしたが、当時ほどの被害はありま


せんでした。が、それでも20キロ入りコンテナで100箱もの落下被害。



さらに樹上に残ったものも擦り傷だらけ。


やはりショックですが、自然相手の農業、リスクもしっかり考慮して、事前に事


後に対策を万全にしていかなければなりません。


 今年も新聞の取材や、農協観光さんによる猫の手援農隊の皆様との出会いなど


面白くワクワクするような出来事がたくさんありました!


プライベートでも、息子がピアノと柔道を始め、娘も色々と活発になってきまし


た。




来年も品質の良いりんごを目指し、りんごを通じてのご縁を楽しみたいと思いま


す!2017年もどうもありがとうございました!!よいお年を。

青森県りんご品評会2017

 しばらくぶりの更新です。


 2017年産りんごの収穫も無事の終え、昨日はちびっ子たちの保育園のおゆ


うぎ会を、ゆっくりと楽しむことができました。毎年ながら、息子・娘の成長を


を実感するひと時です。

その後も毎年恒例の、弘前市の弘果で開催される、青森県りんご品評会へ。


津軽各地から、収量の1パーセントにも満たない最高のりんご32個1口で、何


百点と集まり、出来栄えを競います。

着色、形の高いレベルでの揃い具合が決めて手で、糖度も一定以上ないと落選と


なってしまいます。


私は就農当時から出品していましたが、ようやく最近、コンスタントに入賞でき


るようになりました。


今年の結果は、“王林”で金賞、“サンふじ”で銅賞をいただきました!

“葉とらずサンふじ”は、残念ながら入賞ならずでした。


金賞なんて、1割以下の狭き門。それでも出品し続けることにより、りんごの品


質に高い意識を持ちつ続ける事ができ、切磋琢磨によりそれぞれの地域のブラン


ド化、ひいては青森りんごブランドへとつながると思います。


我が家で獲れた最高のりんごたちは、やはりりんご産業のために捧げたいし、来


年もあそび心とチャレンジ精神でがんばります。

2017年産“恋空”

 ようやく春の作業が終えたと思ったら、早くも今シーズンの収穫の時期を


迎えました。まずは“恋空”という、甘酸っぱい深紅のりんごから。


当園では、明後日15日〜18日にかけて収穫・順次発送予定です。


ご注文いただいておりますお客様へは、16日〜20日の間に届く事になる


と思いますので、どうぞ楽しみにお待ちください。

久しぶりのスキー

 青森県津軽地方は、雨交じりの雪が降る事が多くなり、昨日はまとまった


雨となりました。ここ数日で積雪もかなり減った感じがします。


 今週は娘1歳の記念写真を撮ってもらいに出かけたり、家族で近場にスキ


ーに出かけたり。

十数年ぶりのスキー、なかなか思ってた様には滑れず。息子を股に挟んで滑


ってたのですが、うっかり立ち入ってしまった上級者コース、汗びっしょり


になっちゃいました!


息子は初めてリフトに乗ったのですが、怖がるどころか、また滑りたいと何


回も滑走。股に挟んでの滑走はかなりハードでしたが、息子が楽しそうだっ


たので何よりです。

黒石市剪定士会、剪定会

 昨日は青森県津軽地方は、冬晴れ。朝日に雪面が煌めき、何ともきれいで


すが、気温は氷点下7度。りんごの細い枝に着いた雪も凍って揺すっても落


ちず、花芽や枝の発出部位が見づらいため、9時頃から剪定開始しました。

 そして午後からは、浅瀬石山の園地で行われた、黒石市剪定士会の剪定会


に参加してきました。この会は、黒石市出身の1期から現在勉強中の7期ま


での青森県りんご剪定士を中心とした集まりで、元りんご協会職員の長内さ


んを講師として招き、剪定の実演、りんごに関する様々な情報交換の場で


す。

会場は黒石観光りんご園のそばで見晴らしが良く、津軽富士とも称される雄


大な岩木山の姿を望む事が出来ました。


 さて、剪定の実演では、その結果を見るために3年間行うのが基本です。


現在私を含めた6期の新米剪定士が樹を一本ずつ任せられ、昨日で最終年目


でした。私の樹は4本主枝。2本主枝に見定め、あとはいわゆる“アルバイ


ト”として方向づけ、追い出しをかけるといった感じで仕上げました。

とりあえず樹形を方向づけて終える事が出来たので、ホッとしています。

うどんこ病

 “うどんこ病”とは、花葉そう全体が白粉をまぶしたようになり奇形化す


る病気で、近年りんご園での発生が多くなってきています。

昨日お邪魔した浅瀬石山の園地では、ふじの樹にかなり多くの感染が目につ


きました。良いりんごが実をつける中果枝の花芽がやられていたりと、欲し


い個所に果実が出来きず、品質低下、減収へとつながり、近年もうひとつ騒


がれている“黒星病”以上に致命的な気がしています。今春からの防除、こ


れまで以上に戦略的にやっていかないと!